さいたま市で評判の注文住宅会社・工務店を比較 » 知っておきたい注文住宅の費用あれこれ » 引き渡しまでの流れ

引き渡しまでの流れ

さいたま市で注文住宅を建てる前に確認すべき引き渡しまでの流れをまとめています。

引き渡しまでの工程をチェック

さいたま市で注文住宅を建てる場合は、業者兼不動産屋に依頼することをお勧めします。根気よく待てば、世代交代などの背景から空地となったことを受け、これを不動産屋が見つけて土地を売却してくれることもあります。

  • 手付金

引き渡しまでの流れとして、まず土地をおさえるために、土地の価格の何割かを手付け金として不動産屋に支払ます。この手付金は土地購入の代金を支払う際の一部となりますので、一般的にキャンセルはできません。そのため、キャンセルする場合には返金されないシステムなので注意が必要です。

  • プランの確認

次にプランの確認です。敷地調査後、建物の広さや間取り、設備から外観までライフスタイルに合わせて細かく打ち合わせをし、基本的な設計を行います。これを元に設計プランを作成し、もろもろの総予算と施工スケジュールを見積もっていただきます。その中で、満足できない場合は、もう一度プランの確認などで、納得行くまで打ち合わせを行いましょう。

  • 契約

見積内容に納得ができたら、次は契約です。引き渡しのおおまかな時期や契約金、支払い条件などを確認し契約をしましょう。

  • 打ち合わせ

その後は家づくりにあたって大切な基本設計を元にした窓や扉の配置やその形状、キッチンや浴槽の設備機器をセレクトから取り付け位置などを打ち合わせします。内装や外観のデザインはコーディネートしてくれるところもあります。

  • 施工の準備

これら打ち合わせ内容を確認し施工の準備を行います。まずは施行前に実際に工事に係る担当の方と顔合わせや、近隣への挨拶を行います。

  • 基礎工事

骨組み工事後に構造体の検査や防水検査などの検査に問題がなければ完成へと工事を進めていきます。

  • 内装工事

外観完成後は、内装工事です。それらの工事が終了し引渡し前にまた完成検査を行います。打ち合わせしていた内容、工事の確認など全てです。これらが終了すれば、ようやく引き渡しなのです。

  • 間取り決めで大事なこと
  • さいたま市で評判の注文住宅会社を比べてみました
 
pagetop