さいたま市で評判の注文住宅会社・工務店を比較 » 注文住宅の建て方基礎知識 » バリアフリーに配慮するなら注文住宅がおすすめ!

バリアフリーに配慮するなら注文住宅がおすすめ!

バリアフリー多くの場合は住宅を購入すると、その後数十年の間その家に住み続けます。

若い頃は無理がきく体も老後になるとガタがきます。

そこで、段差や階段に苦労することを見越して、バリアフリーの住宅を建てることをおすすめします。

ここではバリアフリーの住宅を建てる上で注文住宅が優れている点に焦点を当ててご紹介します。

注文住宅なら、多くのバリアフリーを実現

バリアフリーとは高齢者や障がい者にとって支障となるものを取り除いた状態のことをいいます。家中の段差をなくしたり、階段に手すりをつけたりするなど、高齢になる前にバリアフリーにしておくことによって後々助かることも多いのです。

注文住宅なら、多くのバリアフリーを実現できます。

トイレは広さと場所が重要

広いトイレは、高齢者や車いすで生活する人にとって嬉しい設計です。通常の建売住宅では、トイレの広さなどはあらかじめ一定の大きさに決められていることも多く、後から拡張することが難しい場合が多いです。後々介護が必要になったときに、最初からバリアフリーのトイレを設計しておくと老後まで安心して住める住宅となります。

また、トイレと寝室は近くにしておくことをおすすめします。高齢になったとき、手洗いのために多くの距離を移動するのは大変になります。

初めから夫婦の寝室をトイレの近くに設計することによって、高齢になったときも安心して就寝できるのです。

お風呂には滑りにくい床材を

お風呂も同様に、高齢者や障がい者のために広いお風呂にすることが重要です。将来的には、介護士の方に入浴を手伝ってもらうことも考えられますので、それを見越して十分なスペースを取っておくと、老後のためになります。

また、体が不自由になると、濡れた床で転んでしまって大けがをしてしまう事故も起こりかねません。そうならないために滑りにくい床材を選びましょう。

注文住宅を建てる若い頃はデザインを気にしがちですが、高齢になると体に負担の少ない機能性の高い家を好むようになります。

廊下の広さは設計時に決まってしまう!

バリアフリーを実現したいのなら、広くて段差のない廊下も欠かせません。このうち段差は後から取り除くことが可能な場合も多いですが、廊下の広さは建築時の設計で決まってしまい、後から廊下を広くすることは難しいです。 高齢になったり家族が車いすを必要とする生活になったりすることを見越して、最初から広くて段差のない廊下を作っておきましょう。

建売住宅は後からバリアフリー化することが難しい!


建売住宅を購入した場合はバリアフリーになっていないことが多いです。建売住宅は価格の安さを重要視していることが多いため、住宅の品質は多少妥協することになります。

このとき、「今はお金がないけど、将来的に増改築してバリアフリーにしよう」という考えは危険です。 建売住宅は「ツーバイフォー工法」で建てられていることが多いです。この工法は、均一サイズの角材を利用して、柱の代わりに「床」「壁」「天井」などを組み合わせて箱状の空間を作り出す工法です。 このような家の建て方は後から一部分だけを変更することが難しいのです。これでは後々になって、「間取りを変更したい」「廊下を広くしたい」などの要望を叶えることができません。

また、元々バリアフリーを想定していない物件を無理にバリアフリー化しても、「車いすのためのスロープが急になる」「段差を完全に取り払えない」などの問題が発生します。建売住宅は、体が健康な一般的な人向けに作られていると考えるほうがいいでしょう。

このように、注文住宅を建てるのであれば、デザインだけでなく、老後も安心して過ごせるバリアフリーを考えることも大事です。住宅を建てる年齢の若い時期は想像しにくいかもしれませんが、数十年先のことも視野に入れて住宅を購入しましょう。

  • 間取り決めで大事なこと
  • さいたま市で評判の注文住宅会社を比べてみました
さいたま市で注文住宅を建てるならココ!

希望通りの設計&品質で
選ぶなら

藤島建設

品質

歴史・実績

デザイン力

保証サポート

ショールーム

公式サイトへ

会社の規模・実績で
選ぶなら

一条工務店

品質

歴史・実績

デザイン力

保証サポート

ショールーム

公式サイトへ

保証の手厚さで選ぶなら

四季工房

品質

歴史・実績

デザイン力

保証サポート

ショールーム

公式サイトへ

下部画像
住宅設計のポイント トイレ 居間 バスルーム リビング 階段 キッチン
 
pagetop