さいたま市で評判の注文住宅会社・工務店を比較 » 注文住宅の建て方基礎知識 » 注文住宅の建築工法のメリット・デメリットを紹介【さいたま市】

注文住宅の建築工法のメリット・デメリットを紹介【さいたま市】

ハウスメーカーにはそれぞれに強みがあり、「建築工法」もそのひとつ。

防音・防災・防熱(防寒)などの特色があり、住む人に安全で快適な暮らしを提供します。

今回は「藤島建設」「四季工房」「一条工務店」の工法を見ていきましょう。

 

地震に強い藤島建設の「ハイフレイム工法」

創業から半世紀以上、地元・埼玉県の気候風土を熟知し、それを踏まえた快適な家づくりで知られる藤島建設は、防災面でも独自の技術を提供しています。それが地震に強い「ハイフレイム工法」です。

構造材の接合部分に金物を用いている点が大きな特長で、それにより柱や梁、土台断面などの加工で生じる欠損を減らすことに成功し、接合部分の強度、耐久性も大きく向上しました。

メリットは防災面に優れている点

藤島建設では建築材に国産材料を使用、部材などはすべて自社工場生産・管理しており、これは「ハイフレイム工法」でも採用されています。防災、特に耐震面の強化を希望するのであれば、藤島建設はおすすめのハウスメーカーだといえるでしょう。

対応エリアが限られているのがデメリット

ただ、同社は地域密着型メーカーのため、営業エリアは埼玉県、東京都の一部、千葉県の一部となっています。それ以外のエリアで「ハイフレイム工法」を希望する場合、依頼は難しいかもしれません。

一条工務店の「I-HEAD」は静かで快適な空間を提供

充実した設備やしつらえなど、他社メーカーでは特別な仕様が「標準仕様」であるということで評判の高い工務店。技術面では今回ご紹介する「I-HEAD構法」と「外内ダブル断熱構法」という2つのオリジナル構法を用いた高機能住宅を提供しています。

「I-HEAD構法」とは、耐震、耐久、耐火、省エネ、健康といった住宅に求められる多くの機能に対し、高度な技術で応える注文住宅です。耐震においては「モノコック構造」を採用、高機能断熱材EPSを用いることによって、安心の耐久・耐火性、さらに省エネを実現しています。

多機能を兼ね備えた家にできることがメリット

あらゆる面に高機能を求めるのであれば、「I-HEAD構法」は最適の選択だといえるでしょう。なお同構法は気密性・遮音性の高さも優れており、「騒音を緩和」「花粉を除去してくれる」といった面でも評価されています。

デメリットは間取りの自由度が低いこと

「I-HEAD」では柱、梁、土台を構造用パネルで一体化するため、間取りの自由度は低くなる傾向があります。間取りにこだわりたいのであれば、他の構法も視野に入れておくとよいでしょう。

日本家屋の住み心地を重視した「エアパス工法」

「四季工房」が採用しているのは、木造在来工法に、結露による木材の腐朽を防止するため、壁内部に通気層を設けた「外壁通気工法(壁体内通気工法とも)」、太陽熱や風をエネルギーとして利用する「パッシブソーラーシステム」を組み合わせた「エアパス工法」です。

採り入れた外気をエアパスダンパーによって壁内に流し、湿気や熱気を小屋裏から外部へ排出する仕組みと自然のエネルギーによって夏は涼しく、冬は暖かい暮らしを実現しています。

ハウスシック防止に効果的な点がメリット

自然の力を利用する「エアパス工法」はゼンソクやアレルギーをはじめ、湿疹、頭痛といったハウスシック防止にも効果的。そのため、子供やお年寄りの住む家には最適だといえるでしょう。

デメリットは外壁の強度にやや不安が残ること

反面、壁内部に通気層を設けることで、外壁の強度に影響がでることもあります。また「結露防止能力が高い」とされていますが、小屋裏に結露が生じたという実例も報告されています。小屋裏にある換気口開閉機構に問題があったようですが、施工に関しては十分な注意が必要だといえます。

技術を駆使した工法とはいえ、どこかに機能特化すれば、短所が生じてしまうものです。
その点を踏まえた上で、より住みやすく自分の希望に近い工法を選びましょう。

  • 間取り決めで大事なこと
  • さいたま市で評判の注文住宅会社を比べてみました
さいたま市で注文住宅を建てるならココ!

希望通りの設計&品質で
選ぶなら

藤島建設

品質

歴史・実績

デザイン力

保証サポート

ショールーム

公式サイトへ

会社の規模・実績で
選ぶなら

一条工務店

品質

歴史・実績

デザイン力

保証サポート

ショールーム

公式サイトへ

保証の手厚さで選ぶなら

四季工房

品質

歴史・実績

デザイン力

保証サポート

ショールーム

公式サイトへ

下部画像
住宅設計のポイント トイレ 居間 バスルーム リビング 階段 キッチン
 
pagetop