さいたま市で評判の注文住宅会社・工務店を比較 » 注文住宅の建て方基礎知識 » 施工中にやるべきこと 

施工中にやるべきこと 

近隣への挨拶・現場の確認・上棟式など、注文住宅の施工中にやるべきことを解説地鎮祭や上棟式などのイベントはやるかどうかは施主次第なので、家族で話し合っておきましょう。

注文住宅の着工から引き渡しまでの流れ

【ご近所さんへの挨拶】
工事中は騒音や車の出入りなどで迷惑をかけることがあります。ご近所さんへのあいさつは、工事開始前に手土産を持って必ず行きましょう。建築会社の担当者に同行してもらい、工事の日程などを説明してもらうとなおベストです。

【地縄張り、地鎮祭の手配】
地縄張り、地鎮祭を行う場合は、神主さんへの手配や駐車スペースの確認を。建築会社が全て取り仕切ってくれる場合もあります。

【工事中の確認】
着工後は現場に何度も顔を出して、進行状況や建築の様子をチェックしましょう。ベタ基礎はコンクリートを流し込む前に鉄筋が図面通り配置されているか確認しておくと安心です。また、断熱材等を入れる前に、筋違いが図面通りかどうか、しっかり固定されているかもチェックポイントです。現場に行けない場合は、施工段階ごとに写真を撮影してもらうとよいでしょう。

【職人さんと良い関係を築く】
ときには現場で頑張っている職人さんに差し入れをするなどして、良好な関係を築くことも重要。もし建築現場で気になることがあったら、営業担当者または現場監督に確認するようにしましょう。

【上棟式の手配】
宴会を行う本格的な上棟式は最近あまりなく、ご祝儀を渡すだけで済ますことも多いようです。上棟式をきちんと行う場合は、会社と相談して宴会などの段取りを決めていきましょう。

【竣工検査】
建物が完成した際、建築会社と床や壁に傷などないか、設備や建具に不備はないか、しっかりチェックします。何かあったらいつ修理するのかを話し合い、書面に残しておくと安心です。

建築以外の部分もサポートしてくれる会社を

着工後、工事中も施主としてやるべきことはたくさんあります。特に現場の職人さんとの良好な関係が築けるか心配な方も少なくないようです。建設会社は一般的に、現場作業を下請け会社やフリーの職人に依頼しますが、中には専属の職人を抱えているところもあり、オススメです。さらに大工を指名できるところだとより安心ですね。

そのほか地鎮祭、上棟式など、注文住宅ならではのイベントも色々あります。建物だけでなく、こちらの不安もしっかりサポートしてくれる建築会社を選びたいものです。

  • 間取り決めで大事なこと
  • さいたま市で評判の注文住宅会社を比べてみました
 
pagetop