さいたま市で評判の注文住宅会社・工務店を比較 » 注文住宅の建て方基礎知識 » さいたま市の狭小敷地で注文住宅を建てる際のお役立ち情報を公開

さいたま市の狭小敷地で注文住宅を建てる際のお役立ち情報を公開

狭小敷地ってどんな敷地?

狭小敷地には明確な定義はありませんが、一般的に20坪以下の敷地のことを「狭小敷地」と呼ぶことが多くなっています。

また、集合住宅地などでたまに見かける、台形や三角形などの敷地も狭小敷地に含まれることが多くなっています。狭小敷地は20坪以下の狭い敷地と考えてよいでしょう。

狭小敷地のメリット

  • 土地代を安く抑えることができる
  • 固定資産税を抑えることができる
  • シンプルでデザイン性の高い住宅を建てることに向いている

さいたま市で狭小住宅を建てる際の注意点

1.坪単価に注意!同じさいたま市内でも坪単価は異なる

さいたま市内でも坪単価は異なります。面積が狭い狭小敷地だからこそ、坪単価には注意したいところ。さいたま市内の平均坪単価をご紹介します。

大宮区 188万円
浦和区 130万円
中央区 87万円
南区 87万円
北区 58万円
西区 37万円
緑区 55万円
桜区 50万円
見沼区 41万円
岩槻区 31万円

同じさいたま市内であっても、交通アクセスや住みやすさなどから、坪単価に大きな差が生じています。

狭小敷地で家を建てる際は坪単価の価格も把握する必要がありますね。また、坪単価は常に変動するので、あくまでも目安としてお考えください。

2.生活動線を考えた設計をしましょう

人間が快適に過ごせる生活動線は横幅60㎝と言われています。

2人以上で住む住宅では最低1m~1m20㎝の生活動線を確保することをおすすめします。また、既にある大型家電を搬入するには、工務店と相談することが必要ですね。

3.工事の日程を確認しましょう

狭小住宅は狭い敷地で工事を行うので、工事に時間がかかる場合があります。

また狭小住宅のデザインにもよりますが、高度な施工が要求される場合があります。近隣住民へ挨拶する際は、大まかな工事日数も説明するようにしましょう。

4.ご近所に挨拶をしましょう

狭小住宅に限ったことではありませんが、住宅密集地で新しく住宅を着工する際には近隣住民の方々に挨拶をしましょう。

最近は工務店が代わりに挨拶してくれますが、住宅に住む本人が挨拶するほうが印象がよいですね。

さいたま市の狭小地で3階建ての注文住宅を建てる魅力

さいたま市で注文住宅を建てたい場合に、まず土地を選ぶことから始めますがなるべく土地は安く抑えたいと思うものです。土地代を安く抑えたいと考える時にぴったりなのが3階建ての注文住宅です。

土地は狭くても3階建てにすることで、フロア数を増やすことで住みやすい家を叶えることができます。都会の狭小地でものびのびと暮らせる3階建ての魅力をご紹介します。

1.耐震性の不安は現在ではほとんどナシ

3階建てを検討した時に、縦に長くなることで心配の要素の一つに上がるのが耐震性の不安です。近年では関東の地震件数が増えているため耐震性・耐久性がしっかりとした家を建てたいと考えている方も多いです。

狭小地の3階建ては一見すると縦に長く見えるため2階建ての方が安定しているように思いますが、それぞれの住宅メーカーが柱や梁、構造に工夫を凝らしたことで耐震性の問題をクリアしています。

住宅メーカーの中には高層ビルの耐震性に匹敵する構法で家を建てるためまず心配はないでしょう。

2.採光などのポイント

家を建てようと考えている土地周辺に民家が密集している場合や近くにマンションが建っている場合は、2階の場合には日照りが悪くなってしまう部屋が出てきてしまうことがあります。

3階であれば2階建ての住宅が密集する場でも光を取り入れやすくなりますし、本来狭さや圧迫感を感じやすい空間に光を上手く取り入れることで圧迫感をなくすことができます。

また、上に窓を付けることでプライバシーの問題を解消しながら吹き抜けなどの縦に伸びる空間を作ることが可能です。バルコニーやスキップフロアを上手く使うことで狭小地でも採光の問題を解消することができるのも縦に長い3階建ての魅力の一つです。

3.敷地を大いに生かすことができる

事前に建ぺい率や容積率の制限をクリアすることができていれば、さいたま市の駅近くの狭小地でも可能な限り建物を上に伸ばすことで床面積を広げることができます。

ですので、自由設計で無駄なスペースができないように細かい部分まで相談を重ねる必要がありますが、自分好みの住宅をとことんこだわって設計したいと考えている場合にはとても魅力的です。

立地の良さで土地を選んだ場合でも広さを望む場合にも3階建ては有効です。利便性が良く制限が緩い土地であれば3階建てにしてその分スペースを趣味や仕事のスペースとして使用することができますので事前によく確認しておきましょう。

4.階ごとに使い分けができる

例えば狭小地なので1階部分を駐車場スペースとして利用したいと考えている場合や、駅近くの利便性の高い場所に土地を購入して1階部分を店舗や事務所・習い事の場として使い2階部分を居住スペースとして利用するなど、1階分のスペースが増えることでそれぞれのライフスタイルに合った家づくりをすることが可能になります。

また、3階建てを二世帯住宅として使用する例も多く、お互いのプライベートを考慮しながら狭小地の中で一緒に暮らせる居住スペースを作ることも可能です。

5.収納スペースを多く確保することができる

狭小地でも3階建てであればデットスペースとなる部分を収納スペースとして利用することができますので、狭小だからと言って物を増やすことができないと言うことはありません。

注文住宅は希望の仕様や間取りを決めることができるのも魅力の一つですから、今後家族が増えることや将来物が増える可能性を考慮してあらかじめ多めの収納スペースを確保しておくことも可能です。

まとめ

今回はさいたま市の狭小敷地にぴったりな3階建ての注文住宅の魅力をご紹介しました。

3階建ては土地代を安く抑えながらも駅近くに家を建てることができ、それぞれのライフスタイルに合わせた設計をすることが可能です。また採光の取りやすさや、階ごとの使い分けもでき耐震性も問題ありません。

自分でデザインを考えたいとお考えの方にも向いていると言えますので狭小地に家を建てる際は3階建ても検討してみてはいかがでしょうか?

  • 間取り決めで大事なこと
  • さいたま市で評判の注文住宅会社を比べてみました
さいたま市で注文住宅を建てるならココ!

希望通りの設計&品質で
選ぶなら

藤島建設

品質

歴史・実績

デザイン力

保証サポート

ショールーム

公式サイトへ

会社の規模・実績で
選ぶなら

一条工務店

品質

歴史・実績

デザイン力

保証サポート

ショールーム

公式サイトへ

保証の手厚さで選ぶなら

四季工房

品質

歴史・実績

デザイン力

保証サポート

ショールーム

公式サイトへ

下部画像
住宅設計のポイント トイレ 居間 バスルーム リビング 階段 キッチン
 
pagetop