さいたま市で評判の注文住宅会社・工務店を比較 » 注文住宅設計のポイント

注文住宅設計のポイント

注文住宅の設計で気を付けるべきポイントを、リビングやバスルームなど場所ごとに解説しています。

注文住宅の間取り設計で気をつけるべきポイントは?

リビング、キッチン、トイレなど、注文住宅の設計では、場所ごとに気をつけるべきポイントがあります。設備の取り換えは後でも可能ですが、間取りは建設後の変更はなかなかできません。

そのため、子供部屋の数、客間の有無、階段の位置といった間取りに関係してくる要素は、慎重に決めなければいけません。

また、キッチンから洗面所、バスルームへとつながる家事動線や、家族のコミュニケーションにも関わる階段や部屋の配置も重要。毎日のライフスタイルを踏まえて、新しい住まいの間取りを家族で話し合っておきましょう。

【注文住宅の設計で注意すべきポイントの例】

  • 収納のスペースはどのくらい必要か
  • 子供部屋はいくつ必要か
  • 家事動線はどのようにしたいか
  • リビングの広さはどのくらい必要か
  • 寝室の広さはどのくらい必要か
  • 客間は必要か
  • 家族のコミュニケーションを重視した間取りにしたいか
  • 将来のことを考えてバリアフリーを意識した間取りにしたいか

なるべく多くのショールームを訪れよう

藤島建設のFit in Plaza本や図面を見ているだけでは、リアルな完成後のイメージはなかなかつかめません。より具体的にマイホームのイメージを固めたいのなら、ショールームや住宅展示場で実物を見て勉強することが一番です。

しかし、設計は勉強するほどに色々な情報について知りたくなってきます。

「階段の幅はどのくらいが適正なのだろう」
「最適なキッチンの広さは?」
「玄関の高さはどのくらいがベストなの?」

そんな疑問に応えてくれるユニークな施設もあります。

可動式のキッチン、収納スペース、様々なサイズの階段などが展示してある、さいたま市の「Fit in Plaza」です。住まいの基礎から設備まで実体験できるので、さいたま市で注文住宅を検討しているファミリーは必見です。

  • 間取り決めで大事なこと
  • さいたま市で評判の注文住宅会社を比べてみました
 
pagetop