さいたま市で評判の注文住宅会社・工務店を比較 » 注文住宅設計のポイント » バスルーム

バスルーム

注文住宅のバスルームには、在来工法かユニットバスか、着替えのための動線や設備についてなど、こだわるべきポイントがたくさんあります。

注文住宅のバスルームの設計ポイント

  • ユニットバスか在来工法か

    注文住宅のバスルーム注文住宅のバスルームでまず考えるのは、現場で組み立てる在来工法か既製品のユニットバスかという点。

    在来工法は自由設計なので、こだわりのお風呂をつくれることが一番の魅力です。ただし、防水性がユニットバスほどないので、メンテナンスが必要になります。ユニットバスは工場で製造したものを現場で組み立てるだけです。

    ユニットバスのメリットは、防水性に優れており価格も在来工法より安めです。ただし、広さや窓の形などが決まっているため、バスルームの間取りを自由に決めることができないというデメリットがあります。

  • リラックスできる空間か

    注文住宅のバスルームお風呂は1日の疲れを癒すリラックスの場です。

    リラックスするためには、まずは手足を伸ばして、ゆったり湯船につかれることが一番ですよね。そのためにはバスルームは1.8m×1.8mか、1.6m×2.0mくらいあるのがベスト。

    ここまで広くとれない場合は、例えば壁をガラス張りにすると解放感がアップします。他にも、テレビを設置したり、ジャグジーやミストサウナを設置するとよりリラックスできる空間を演出できます。

  • どのような動線にするか

    キッチンだけでなくお風呂にも動線は必要です。

    タオルを持ってきて服を脱ぎ、洗濯機などに汚れ物を入れて、身体を吹いて寝間着に着替える。ここまでなるべく家族や訪問者と顔を合わせずにできることが大事です。

    洗面所に広めのクローゼットがあると、風呂上りの着替えもスムーズにできます。

ショールームで実物を見て勉強しよう

注文住宅でバスルームを検討する際は、キッチンと同じくなるべく多くのショールームで実物を確認しましょう。在来工法を希望している方でも、ユニットバスの作りは広さなど参考になる点がたくさんあります。

施工段階の家を実体験できる施設・Fit in Plazaも要チェックです。

  • 間取り決めで大事なこと
  • さいたま市で評判の注文住宅会社を比べてみました
 
pagetop