さいたま市で評判の注文住宅会社・工務店を比較 » 注文住宅設計のポイント » 子供部屋

子供部屋

お風呂やキッチンと異なり、注文住宅で間取りを失敗すると変更するのは難しいと言われています。中でも年齢とともに状況が変化しやすい子供の部屋の設計は慎重に考えたいですね。

注文住宅の子供部屋の設計ポイント

  • 子供部屋の数をどう考えるか

    注文住宅の子供部屋実は、子供部屋が必要な期間は6~15年と限られています。兄弟の性別が異なると個室が必要ですが、同性だと一部屋で済ます家庭も少なくありません。

    また最近は、子供部屋を一つにして寝室として使い、勉強部屋をリビングの隣に設置する間取りも人気です。

    しかし、子供が将来個室を欲しがる可能性もあります。そこでオススメなのは、将来分割できる広めの部屋を一つ用意しておくこと。

    もし子供部屋として使わなくても、別の部屋としても使えます。設計段階では、間仕切りできる設計にしておくこと、そしてドアや照明のスイッチ、電源などを2か所設けておくことです。

  • 家族とのコミュニケーションを考える

    注文住宅の子供部屋子供が思春期になると、帰宅すると親と口を聞かずそのまま自分の部屋にまっすぐ…といった話もよく聞きます。

    しかし、間取りで家族のコミュニケーションが変わることもあります。

    例えば、子供部屋に行くために必ずリビングを通るようにしておくなど。家族が顔を合わせて会話できる“動線”を意識してみましょう。

図面から分からないリアルな住まいを

注文住宅の間取りについて勉強するには、完成物件をたくさん見ておくことが大事です。

さらに収納の広さや使い勝手など勉強したい方は、様々な施設を実体験できるFit in Plazaにも足を運んでみましょう。

  • 間取り決めで大事なこと
  • さいたま市で評判の注文住宅会社を比べてみました
 
pagetop