さいたま市で評判の注文住宅会社・工務店を比較 » 注文住宅設計のポイント » 収納

収納

注文住宅の収納の設計のコツとは?一言でいうと、多すぎても少なすぎてもいけません。総面積の1~2割の収納がベストです。

ただ、この割合は各家庭のライフスタイルによっても変わってきます。まずは今の住まいの収納面積と、入りきれなくてあふれている物がどれくらいあるか確認してみましょう。

注文住宅の収納の設計ポイント

  • 収納は延べ床面積の10~20%が理想

    注文住宅の収納収納スペースは、延べ床面積の10~20%ぐらいあるとベストだと言われています。ここで注意したいのは、収納スペースはクローゼットや物入れ、押し入れだけではないことです。

    玄関や壁面収納、トイレ、洗面所、全ての収納スペースを合計してみましょう。それでも不足している場合は、階段下のデッドスペースなど収納スペースを増やす工夫をしましょう。

  • よく使うものは取り出しやすく

    大きな物入れを作っても、よく使う物が取り出しにくくなって逆に使いづらい。そんなこともあり得ます。まずは家の中の物をあまり使わない物、時々使う物、頻繁に使う物に分けてみましょう。

    それぞれの量に合わせて収納スペースを設計すると後々楽です。よく使う物は、あえて収納せずにバッグやコートは壁にかけておくという選択肢もあります。

  • 今の住まいの再点検

    注文住宅の収納注文住宅を設計するとき、モデルハウスのようなきれいな部屋をイメージしてしまいます。

    しかし、元々物を散らかしやすい家庭の場合、せっかくの新居があっという間に物だらけになってしまうことも。まずは今の住まいで物が散らかっている場所を要チェック。

    たとえば、リビングに服がたくさんハンガーでかかっているのであれば、リビングにクローゼットを設置するというのもありです。

    ライフスタイルというものはなかなか変えられないものです。後から収納を購入するという手もありますが、作り付けの収納は耐震面でも安心なのでおすすめです。

収納の広さを実際に体感してみよう

注文住宅の設計で皆さんが迷う収納スペース、実際はどのくらいのサイズがいいのか。そんな悩みを抱えている方におすすめしたいのが、Fit in Plaza

リアルなサイズの収納スペースを見ることができます。人気のウォークスルークローゼットも要チェックです。

見やすいショールームを持つ会社はどこ?
さいたま市の注文住宅会社を比較

 

  • 間取り決めで大事なこと
  • さいたま市で評判の注文住宅会社を比べてみました
 
pagetop