さいたま市で評判の注文住宅会社・工務店を比較 » 注文住宅設計のポイント » トイレ・洗面

トイレ・洗面

注文住宅になると、トレイや洗面所の選択肢もぐっと増えます。メーカーはもちろん、手洗い器のレイアウトなど、設計次第でおしゃれな空間を演出することも可能です。

ここではトイレと洗面所の設計の際に、注意すべきポイントを紹介します。

注文住宅のトイレの設計ポイント

  • タンクレスか手洗い器付か

    注文住宅のトイレトイレの設計は、手洗いの場所をどうするかによって広さが変わってきます。まず決めておきたいのは、タンクレスか昔からある手洗い器付のトイレかです。

    タンクレスのトイレは見た目はすっきりしておしゃれですが、別に手洗い器を設置する必要があるため、ある程度の広さが必要です。

    手洗い器には、壁付けタイプやボウルタイプ、カウンターなど色々。トイレのレイアウトによって広さが決まるので、じっくり選びたいですね。

  • トイレは2か所必要か

    トイレの個数についても考えておかなければいけません。

    2階建ての場合、各フロアに一つづつあるのが理想です。今は必要ないけど将来必要かもしれない場合は、とりあえず物入れとしてでもいいのでスペースを設けて、排水管や電源などを確保しておくとよいでしょう。

  • 2世帯住宅の場合はさらなる配慮を

    将来介護が必要になり、車いすが必要になった場合、トイレの改造は必須になります。

    特に2世帯住宅の場合、一方のトイレはなるべく広いスペースを確保しておくと万が一の時に安心です。手すりをつけて引き戸タイプにしておくなど、設計士とじっくり話し合っておくことをオススメします。

注文住宅の洗面所の設計ポイント

  • なるべく収納のスペースを用意

    注文住宅のトイレ洗面所は家族全員が使う空間なので物があふれがちです。スッキリ見せるためには、どれだけ収納スペースを確保できるかが勝負です。

    洗面所はデザイン性が高いものに目が惹かれがちですが、掃除のしやすさなど使い勝手重視で選びましょう。湿気がこもりがちなスペースなので、鏡に曇り止め機能が付いていると快適です。

  • 水回りの動線を考えて洗濯機の配置を

    家事の要であるキッチン、洗濯機、お風呂の水回りの動線は、なるべくスムーズに。

    特に、服を脱いですぐに洗濯機に入れることを考えると、洗面所の中に洗濯機置き場があると快適です。

ショールームで実物を見て勉強しよう

トイレに関しては、お風呂やキッチンと同様に、なるべく多くのショールームに通って実物を見てみましょう。

ショールームではデザイン性に目が行きがちですが、機能性を第一に考えることを忘れずに。トイレはペーパーホルダーの位置など、以外と細かな部分が使い勝手に影響します。

ペーパーホルダーの位置までを、可動式で見せてくれるFit in Plazaも、トイレ設計の良い勉強の場になります。

体感可能なショールームがある
さいたま市でおすすめな注文住宅会社をチェックする

  • 間取り決めで大事なこと
  • さいたま市で評判の注文住宅会社を比べてみました
 
pagetop