さいたま市で評判の注文住宅会社・工務店を比較 » さいたま市の注文住宅会社おすすめ一覧

さいたま市の注文住宅会社おすすめ一覧

さいたま市でおすすめの注文住宅会社をピックアップ。
市内で理想のマイホームを建てたいご家族は必見です。

さいたま市で評判の注文住宅会社をラインナップ

地元で長年実績を重ねてきた工務店から、デザイン系を得意とする会社、中堅~大手ハウスメーカーまで、おすすめの注文住宅会社を厳選。

こだわりの住まいをカタチにしてくれる会社をぜひ見つけてください。

どのくらい自由な設計ができるかを確認

ここで紹介している会社は自由設計が可能な会社ばかりですが、“どのくらい自由な設計ができるか”には違いがあるので確認が必要です。

完全オーダーメイドで建てられる会社がある一方、設備や床の色などが異なる何種類かのプランから選ぶ会社もあります。

住まい造りに細部までこだわりたいご家族は、間取りや建具、作り付けの家具まで細かく相談に応じてくれる完全オーダーメイドの会社がおすすめです。提案力のある会社なら、こちらの希望を取り入れた設計プランをまとめてくれます。

図面ではわからないことをチェックできるショールーム

建築会社が運営しているショールームは、その会社がどんな家を建てているのかチェックするのに最適な場所。

気になる注文住宅会社がショールームを持っているなら、ぜひ見に行ってみましょう。内装の雰囲気や設備のクオリティなど、図面ではわからないことを確認できます。

マイホームは一生に一度の買い物。会社ごとの特徴や施主の声などをチェックして、希望に合った住まいを提案してくれる会社に建築を依頼しましょう。

地震対策は大丈夫?安心して施工を任せられるさいたま市の注文住宅会社

さいたま市で評判の住宅会社の中から数社をピックアップし、その地震対策例をご紹介します。

藤島建設「ハイフレイム工法」

従来の木造建築より飛躍的に耐震性能を強化した、藤島建設独自の工法「ハイフレイム工法」を用いています。

どんなに良い建材を用いていても、仕口や継手などの接合部分の強度が足りないと、築浅物件であっても地震などの際にたやすく倒壊してしまいます。

「ハイフレイム工法」では、構造材の接合部分に金物を使います。これにより、建物をメインで支える柱や梁、土台断面の加工欠損を抑えられ、耐久性が段違いにアップしたのです。

この工法は藤島建設が自社でのみ開発したのではなく、大学や公共研究機関と連携し、建材強度・破壊・構造強度・耐震・耐火など様々な被害を想定した実験を繰り返しながら編み出されたものです。まさに技術の結晶ですね。

一条工務店「モノコック構造」

一条工務店が販売する「夢の家」では、建物の枠組みにジェット機のボディにも採用されている「モノコック構造」を用いています。

柱・梁・土台を構造用パネルで一体化し、枠組みを強靭な箱形六面体にすることで、地震のエネルギーを建物全体で受け止めることで耐震性能の向上に成功しています。

東京大学や公共研究機関と連携し、実際の建物を用いての震動実験も行っています。2002年に「夢の家」を用いて、1ヵ月間に10回以上、阪神淡路大震災の約1.5倍のエネルギーを与える実験が実施。結果、建物への被害はほとんど無いばかりか、建物の気密性もほぼ保たれていることが判明しました。

試験機や地図分析により見極められた強固な地盤の上に建てるのはもちろんのこと、基礎の頑強さも一条工務店の特徴的です。建築基準法よりもはるかに幅広の寸法で、高耐震高耐久の基礎を据えています。

住友林業「マルチバランス構法」

木の家を建てる住友林業では、高い耐震性を実現した「マルチバランス構法」を取り入れています。

これは、伝統的な木造建築工法に最新技術や建材を合わせたものです。強い壁を構成する「きづれパネル」、地震の揺れを吸収し建物の変形を最大70%抑制する「地震エネルギー吸収パネル」などを取り入れています。

実際の建物を用いての震動実験も行っています。阪神淡路大震災の1.2倍のエネルギーを加え、さらに1.5倍を2回、さらにエネルギーを2倍にして7回加えるという、非常に過酷な実験です。しかし、建物の被害としては一部内装に軽い損傷が生じたのみでした。

エネルギーが増強された地震を繰り返し経験しても急な耐力低下が起きず、非常に粘り強い耐震性能を発揮するのが「マルチバランス構法」の特徴です。

横田建設「長期強度を考えたSA-SHEの家」

100年、200年と長持ちする「いい家をつくる」をコンセプトにする横田建設では、基本に忠実で一切妥協のない家造りをしています。

例えば地盤調査で強度不足が見られても、しっかり地盤に向き合い改良工事を行います。費用も時間も余分にかかりますが、地盤は住む人の命を守るものなので、改良してからでなければ絶対に基礎は据えないのが横田建設のポリシーです。

基礎は、引っ張る力に強い鉄筋と、圧縮に強いコンクリートで据えます。

基礎のコンクリート強度を高めるため、ベタ基礎と布基礎のコンクリート打ちは1回で行います。これによりコンクリート一体化が進み強固な基礎になるだけでなく、シロアリの侵入も防止しています。

建物の骨格にはヒノキを使い、日本伝統の木造軸組工法に剛床構造を加えた、歪みやねじれに強い耐震性のある骨格が出来上がります。

家の耐震性能を長持ちさせるために、基礎の段階から外断熱加工が施されています。湿気で建材が劣化すると、地震の揺れに弱くなるのです。

盲点になりがちですが、湿気を防ぐ構造であることも耐震性において重要です。

マイホームは一生に一度の買い物。会社ごとの特徴や施主の声などをチェックして、希望に合った住まいを提案してくれる会社に建築を依頼しましょう。

  • 間取り決めで大事なこと
  • さいたま市で評判の注文住宅会社を比べてみました
さいたま市で注文住宅を建てるならココ!

希望通りの設計&品質で
選ぶなら

藤島建設

品質

歴史・実績

デザイン力

保証サポート

ショールーム

公式サイトへ

会社の規模・実績で
選ぶなら

一条工務店

品質

歴史・実績

デザイン力

保証サポート

ショールーム

公式サイトへ

保証の手厚さで選ぶなら

四季工房

品質

歴史・実績

デザイン力

保証サポート

ショールーム

公式サイトへ

下部画像
住宅設計のポイント トイレ 居間 バスルーム リビング 階段 キッチン
 
pagetop